しらこばと幼稚園

園の特徴活動

園の特徴 活動

当園は一斉保育の良さを保ちながらも大人による「させる保育」ではなく自ら「したくなる保育」を行っています。
教職員と子どもとの関わりにおいても自己判断する経験をたくさん設け、目に見えない心を育てています。

当園の事例(絵を描く活動を通して)

絵を描く活動を行う時も今日1日で描く活動ではなく「3日間のうちに絵を描こうね」と先生と子どもは約束をします。今日描きたい子は当日に描きますが、今日描きたくない子の気持ちも尊重し、3日間の期間を設けています。この期間を意識する機会を作ることで約束を守ることを学び、そして期日までに自然とすべての子どもが絵を描きます。結果、自分の描きたいタイミング(したくなる)で描いた絵と、先生のタイミング(させる)で描かされた絵では出来上がりは違うのです。毎日の活動の中で子どもたちは先生に寄り添ってもらいながら、自由の中の規律を意識し自己選択する経験を重ねることで「自ら判断し行動できる」子どもに育つのです。